映画 海辺のエトランゼ

【海辺のエトランゼ(映画)】の見どころ感想やネタバレあらすじとキャスト(声優)の情報も。

気鋭のBLアニメレーベル”BLUE LYNX”の最新作、映画「海辺のエトランゼ」が劇場公開されました。

「ギブン」「囀る鳥は羽ばたかない」などの繊細かつ丁寧な作品づくりで知られるレーベルが、あたたかみのあるタッチで人気の紀伊カンナ先生の作品をアニメ化するということで、楽しみにしていた方も多いのではないでしょうか。

沖縄の青く澄んだ海の情景も印象的ですね。

この記事では、そんな「海辺のエトランゼ」の見どころ感想やあらすじとネタバレを紹介していきます。

 

海辺のエトランゼ(映画)のネタバレあらすじ

 

 

沖縄の小さな離島での話。

小説家を目指す青年・駿は、海辺のベンチでひとり佇んでいる高校生・実央が気になり、声をかけます。

それをきっかけに二人は惹かれあっていきますが、実央は島を離れなくてはなりませんでした。

やがて三年が経ち、少し大人になった実央が帰ってきます。そのとき、叶わないはずだった想いが通じ合い、物語は動き始めます。

 

海辺のエトランゼ(映画)の簡単なネタバレ(閲覧注意) + クリックして下さい

純真で素直な実央と、無鉄砲な割に臆病な駿との、切なくも優しく幸せな恋物語です。

二人の出会いは、母を亡くして天涯孤独となり一人でベンチに座っていた実央に、駿が話しかけたことでした。少しずつ距離を縮めていく二人でしたが、まだ高校生だった実央は、離れたところにある施設に入ることになり、別れが訪れます。

三年後、実央が二十歳になって島に戻ってきて、ずっと思い続けていた駿に告白します。しかし駿は、本心では実央が好きなのに、受け入れるつもりがありません。そこには、駿の悲しい過去が関係していました。高校時代、「ホモ」と呼ばれからかわれたこと。幼なじみで婚約者の女性・桜子との結婚を、同性愛者であることを理由に挙式当日に拒み、両親と縁を切ることになってしまったこと。桜子がどんなに自分のことを好いてくれても、自分は男性しか好きになれないこと。そんな様々なつらいことを経験してきた駿だからこそ、「実央は女性と付き合った方が良い」と言い、体を重ねるつもりもないと実央を遠ざけます。

実央は、両思いにも関わらず駿が体の関係を持ちたがらないことに、不満を抱いています。そんなとき、駿の父の体調が芳しくないという知らせをもって、桜子が駿を訪ねてきました。桜子は駿に故郷に戻るよう説得しますが、駿は突っぱね、平手打ちをしてしまいます。それを見ていた実央も、自らが両親を亡くし寂しい思いをした経験から、駿に「会えなくなる前に会いに行って」と頼みますが、やはり駿は聞き入れません。

桜子との会話から、実央は、二人の間に体の関係があったことを知り、自分と桜子を比べてしまいます。また、桜子自身も駿が同性愛者であることに気付いていて、それでも建前を考えて結婚しようとする駿を心配していたことも明かされます。いわゆる世間のスタンダードである、男性と女性とが結婚する、ということが幸せなのか、それとも幸せの形は他にもあるのか、各々が考えることになります。

桜子が故郷に帰る日、駿に「これで最後にして忘れるから」とキスを迫ります。駿はそれに応える素振りをします。ところが、それに耐え切れなかった実央が割って入り、桜子とキスしてしまいます。そんな実央を見て、駿は実央の自分への想いの深さを実感しました。怒っていた実央も、駿には本当はキスするつもりがなかったことを聞き、許します。仲直りをした二人は、その夜、初めて結ばれました。実央は同性愛者ではありませんが、駿と出会って好きになったことはとても自然なことだ、と明るく受け入れます。

そして、駿は故郷に戻ることを決意します。最初は一人で島に残ろうとしていた実央も、一緒について行くことにします。実央の両親のお墓参りをした二人は、連れ立って旅立ちます。

 

海辺のエトランゼ(映画)の見どころ

 

 

一見落ち着いた日常の中に少しずつ変化が起こり、物語が進んでいく様子が、丁寧に紡がれています。ダイナミックな場面は少ないですが、駿や実央の揺れ動く気持ちがひしひしと伝わってくる構成になっています。二人の想いが伝わらずにすれ違ってしまうシーンや、ようやく恋が実るシーンでは、ハンカチ必須です! 純粋で、相手を思うからこそなかなか上手くいかない二人の関係は、観ていてやきもきしつつ、一緒になって楽しむことができるでしょう。

 

また、主人公たちを取り巻く人々も、それぞれがしっかり生活しているので、ありふれた日々の中にある笑顔や幸せを垣間見ることができます。島の住人たちは皆、優しく心あたたかい人ばかりです。さらに、一組の女性の同性カップルが、駿と実央を見守り、ときには手助けしてくれるところも素敵です。

 

さらに、作画の面では、表情や風景の描写がとても美しいです。引いては返す波や咲き乱れる花などの豊かな自然が、繊細に描かれています。タイトルにもなっている海辺の映像は、波音も相まって、吸い込まれそうになる魅力があります。ちなみに、出てくる料理はどれも美味しそうで、つい食べたくなってしまいますし、猫たちもとても可愛らしく描かれています。皆さんもぜひ、映画館の大きなスクリーンで堪能してみてください!

 

 

 

 

 

 

海辺のエトランゼ(映画)のキャスト(声優)

 

橋本駿(はしもと しゅん):CV.村田太志

 

 

 

知花実央(ちばな みお):CV.松岡禎丞

 

 

桜子(さくらこ):CV.嶋村侑

 

 

 

まとめ

 

ここまでお読みくださり、ありがとうございます。

 

この作品は、BLとしても、恋物語としても、人と人とのつながりを描く物語としても、上質な仕上がりになっています。綺麗な絵や心あたたまるストーリーで、観た後は穏やかで幸せな気持ちになれることでしょう。

キャスト陣も実力のある方ばかりなので安心です。爽やかな沖縄の自然に癒されたい方にもおすすめです。

ぜひ皆さんも、ハンカチを忘れずに、お近くの劇場へ足を運んでみてください!

読んでほしい記事

1

バラエティやドラマ、アニメなどの放送を見た後に、特別編や裏側を配信してます! なんて告知を見た事ございませんか? Hul ...

2

いつの時代になってもフジテレビ系ドラマの月9は面白いですよね。 視聴率下がったりもしているようですが…そこは時代の流れも ...

3

忙しい毎日の中でアニメや動画や映画など見たいテレビをその時間にテレビの前でに座ってみる… なんて今どきなかなか出来る事で ...

-映画, 海辺のエトランゼ

© 2020 アニメ・ドラマの動画・見逃し配信・ネタバレの街